2018/04/30

無線LANモジュールESP-WROOM-02と傾斜スイッチでポストへの投函を検知する電池駆動センサを作ってみた

個人でも安く容易に入手できて、かつ技適取得済みで安心の、ESP-WROOM-02(ESP8266)。恥ずかしながらつい先日教えてもらって初めてその存在を知ったので、使い方の勉強がてら動くものを作ってみました。

今回作ったのは、家のポストにモノが投函されたことを検知してIFTTT経由でLINE通知してくれる電池駆動のセンサ。仕上がりはこんな感じ。


我が家のポストは外にあって電源が取れない場所にあるので、ESP-WROOM-02の「deep sleep」機能(超低消費電力でのスリープ動作)を使って、乾電池での長期間駆動を目指します。似たようなことをやっているINTERNET Watchの記事などを参考に、以下の方針で作りました。
  • 普段はESP-WROOM-02はdeep sleepモードで寝かせとく
  • ポストにモノが投函されたことをESP-WROOM-02のリセットピンにつないだ傾斜スイッチで検知、deep sleepから起こす
  • 起きたら、自宅の無線LAN APにつないでIFTTTにWEBHOOK、通信終わったらすぐまたdeep sleepモードで寝かす

傾斜センサの部分は「型想い」と両面テープでポストのフタの内側へ、センサ本体と電池ケースは3Mの面ファスナーで着脱できるようにポストの内側へ、それぞれ固定しました。



ESP-WROOM-02上で動いているコード(Arduinoのコード)は以下に置いておきます。
nikotan/esp8266_PostMonitor.ino - GitHubGist

Arduinoのコードで動かせるってすばらしい。手軽にネットワーク機能を使ったデバイスを試作できて楽しいです。今回作ったものは今のところちゃんと動いていますが、どれくらい長期間駆動できるかはまだ不明。しばらく様子を見てみます。


※今回のハードとソフトを作るにあたっては、以下の記事などを参考にしました。

0 件のコメント: